介護士と介護福祉士

介護士と介護福祉士の違いはどこなの?

 

 

介護士(ヘルパー)と介護福祉士との違い

 

介護の仕事に従事してみようかと考えているあなたはご存知ですか?

 

介護士と介護福祉士の違いを?

 

介護業界に関しては、いまいち知識が乏しいと言う方や、これから介護の世界に仲間入りしたいと望んでいるという方から見れば、介護福祉士とヘルパーと称される介護士の違うところがよくわからないといった疑問があると思います。

 

両方とも介護の仕事に関係しているってことはわかるんですが、詳しい違いまで分かる人は少ないかもしれませんよね。この二つ、言い回しはとても似かよっていますが、実質的には大きな相違があるんです。

 

そこで今回は、介護の世界に深い知識のない人や、これから参入しようとする人が理解できるように、介護士と介護福祉士の違いを詳しく説明していきます。

 

 

介護士と介護福祉士の違いは何?

 

介護士と介護福祉士の違いはズバリ、資格の違いがあげられます。

 

介護福祉士は国家資格なんですが、ヘルパーと呼ばれる介護士は認定資格となるという違いです。(旧ホームヘルパー3級・2級・1級、介護職員初任者研修、実務者研修)

 

介護士そのものは、介護の現場で就業しているスタッフの一括りにした名称です。
簡単に言うと、介護士になるためには、特別の資格については必要としていません。

 

介護の現場で、初めのうちは無資格で勤務していた人が、上の地位を目指していく為に、「介護職員初任者研修」「実務者研修」などといった資格を取りますが、介護士の仕事は、そういった資格をを取らないといけないいう訳では有りません。

 

一方、介護福祉士は、国家資格です。介護士が取る資格の中で唯一の国家資格です。当然のことながら介護福祉士の試験を受ける資格も厳格で、誰しも受験が可能になるわけではないのです。それゆえに、あなたのキャリアアップすることを望むなら欠かすことができない資格になります。

 

 

介護士と介護福祉士の仕事の違いは何?

 

介護士と介護福祉士の仕事が異なる部分は、介護福祉士が国家資格だからということで、ヘルパーと呼ばれる介護士の方と仕事内容に大きな違いがあるということはありません。

 

その理由は、介護福祉士という国家資格は、介護福祉士にしかできない業務独占資格ではなく、単に、名称独占の国家資格である故に外ならないからです。

 

つまり、名称独占の国家資格というのは、その資格を取得することがで介護福祉士と名乗ることが出来るというだけで、独占できる業務があるわけではありません。というわけで、介護福祉士の資格を取得している人と、ヘルパーとして勤務している人には、大きな仕事内容の違いはないといえます。

 

どちらにしても要介護の方の身体の状況に対応した食事介助や排泄、入浴のお世話であるとか生活サイクルトータルのアフターケアを行います。基本的にはどちらも変わりません。

 

しかしながら、介護福祉士の資格を保持している人というのは、それ相応の専門性が国から保証付きを受けているわけです。介護の仕事場で、中心的人物という身分で、統轄者の職責を果たして行きたい人にとっては、欠かすことが出来ない資格である事は間違いありません。

 

 

業務に大きな差がないとはいえ、知識や技術などは介護福祉士の方がより高いと言えます。また、当然のことながら、役職はもちろんのこと、資格手当てなどでも違いが出るため、給料にも違いが生じてきます。

 

介護福祉士の資格を取得していると、就職や転職に役に立つことは“論を待たない”と言えますよ。

 

正職員として働きたいのなら目指したい資格です。

 

介護福祉士の4つの特徴!に続く

 

 

介護福祉士らくらく合格勉強法

トップへ戻る