介護転職(求人)サイト登録 おススメ人気サイト

派遣職員として働くメリットは?デメリットは?

 

 

 

もしあなたが介護の仕事に就いてみようかと考えているとしたら、あなたにとって、介護の職業っていうのはどんなイメージがありますか?

 

やはり、老人介護施設で長時間に亘って働くイメージでしょうか?
施設によって、雇用条件や業務内容は大きく異なってきます。

 

あなたのライフスタイルやご家庭の事情で、なかには、介護の仕事を派遣でしか、取り組むことができない事情をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

 

そこでここでは、介護のお仕事を派遣で働くメリット・デメリットについて考えていきます。

 

 

ブラックな職場・好印象を持たれない介護職

 

介護の仕事は高齢化社会が進行する日本において、圧倒的に必要とされていて、大勢の人に必要とされる価値のある仕事と言えるものです。しかしながら介護の仕事は就労条件に依然として問題点が避けられず、現場の責任の重大さと重要度が、賃金にまともに反映されていない動向が付いて回り、ブラックな会社ブラックな施設が多くあるというのもまた事実なのです。

 

あなたは施設での介護職の仕事は「給料が安い」「休みが取れない」「仕事がハード過ぎる」などと言った噂を耳にしたことはありませんか。

 

事実、施設で、介護でやっていくのは尋常じゃないことに間違いありませんが、きつい仕事ながら、人様の役に立つという観点から見れば、やる価値のある仕事であることも事実です。

 

ご存知の通り、今、高齢化社会の真っ只中にある日本では介護士が不足に悩んでいます。だから、介護の仕事の求人は途切れることなくあります。ハローワークの求人案内でも、介護関連の仕事が大多数占めており、まさしく選び放題、売り手市場となっているのが現状です。

 

このような現状にある介護施設においては、あなたが、今働いている現場に不満を抱いているのなら、もっと好条件の場所に転職することも簡単にできることになります。新しい職場はすぐに見つけることが可能です。

 

 

正社員がベストなのか?

 

私たちの社会においては今もって「正社員信仰」なるものが潜在的に存在している現象があります。つまり、正社員でいれば「安心、安全、安定」している神話です。しかし、現在の社会のように、生活スタイルが多様化している時代においては必ずしも、正社員として働くことが、その人にとってベストとは限りません。

 

生活スタイルの多様化によって、契約社員、パート社員、アルバイトなど、自分のスタイルに合わせて働くワークスタイルなるものが、脚光を浴びる時代になっているのも事実です。実際のところ、正社員の方より稼ぐ、責任のある仕事に携わっている、非正規の職員さんもおられます。

 

非正規として働くなら、派遣社員という働き方がベストと言えるでしょう!

 

 

派遣で仕事をするメリット

 

介護業界では「介護の仕事は派遣で働くのが一番いい・・・」という話が実しやかに広まってきていますが、それは何故なんでしょうか?
派遣にしか得られないメリットが大きいのでしょうか?
では、派遣のメリットみてみることにします。

 

 

*稼げる可能性が高い・・・

 

派遣職員は給与面で優遇されているのかというと、ズバリ、給料設定が高くなっています。理由は、介護の現場の仕事は激務です。そのため正社員として採用されていても、長続きせずやめる人が多くいる職場でもあります。

 

そうなると、シフトに穴が開き、残ったスタッフはさらに激務になります。休みも取れないといったことも起こってきます。その穴を埋めるためにも、どうしても必要なスタッフの確保が急がれます。そのため、派遣職員はどうしても必要になってくるんです。
その結果、給料設定が高くなってくるんです。

 

実際、派遣社員の方が正社員よりたくさん稼いでいる現場はたくさんあります。もちろん、どれだけ働くかにもよりますが、正社員の場合、サービス残業を強制されたりすることがありますが、派遣にはそれはできません。正社員の場合、サービス残業せざるを得ない場合もあります。さらには、無給での研修や諸々の雑務に追われること多くあり、それが引き金となって、仕事が続かなくなり、去っていく人も多く出ているのが実情でもあります。

 

そんな理由からも派遣社員は重宝がられることになります。
その見返りが・・・給料設定が高くなるという事なんですね。

 

 

*シフトの融通性

 

派遣職員の方が、シフトの融通うを聞いてもらえます。
正社員は、月何日の休み、とか、月何日の夜勤、とか、jはたまた極端に言えば残業迄シフトに組み込まれ、自分の希望とかけ離れた勤務になることもありますが、派遣となるとそんな心配はなくなります。

 

派遣職員は、直接雇用ではないので、労働者派遣法によって夜勤や残業も強制されることはありません。法律が守ってくれることになります。つまり、自分の都合や、家族の用事等々、希望通りのシフト調整が可能なんです。

 

 

 

 

派遣で介護の仕事をするデメリット

 

派遣で働くメリットについて述べてきましたがもちろん大きなデメリットもあります。一番は・・・契約期間でしょう!

 

つまり、契約社員と同様に有期雇用となることです。正社員なら、定年まで働くことを目標にできますが、派遣の場合はそうはいきません。
会社によっては3か月、または6か月という雇用期間の場合もありますが、基本的に派遣社員の契約期間は1月単位です。

 

それが過ぎると、施設側の都合で、契約更新にならないことも多々あります。せっかく慣れた施設でもっと働きたいと思ってもそうはいかないこともあります。この点がデメリットです。

 

また派遣の場合、いくら経験を積んでいるからといって、知識も豊富に持っていても、組織内の管理職にはなれません。この点もデメリットと考えられるでしょう。有期契約の人に、施設を任せる管理職にはさせられないというのは、当然といえば当然のことです。

 

さらに、正社員が嫌がる仕事を、派遣職員に押し付けられるということもあるやもしれませんし、ステップアップしていく楽しみのあるやりがいを感じることもないでしょうから、ここあたりもデメリットになると思います。ただ、手当などで実質的には昇給になることもあります。

 

 

まとめ

 

派遣職員の介護施設でのメリット・デメリットについて考えてみましたが如何でしたか?

 

施設勤務を望むのを、正社員しか考えないなら、仕事の選択の幅も狭まります。
しかし、派遣も視野に入れるなら、派遣でもOKなら、仕事選択の幅は広がりますよ。

 

資格がない、経験がないという状態からの求職なら、まず派遣で仕事の経験と実績を積むのもいいでしょう。いずれにせよ、介護の仕事はやりがいがある反面、大変であることは間違いありません。そのことを分かったうえで、あなたに合った働き方を選ぶことをおススメします。

 

周りの人の噂話に踊らされることなく、評価に惑わされることもなく、あなたがどうしたいか、何をしたいかをよく考えられるといいでしょう。選択肢の幅を広げれば、きっとあなたに合った仕事が見つかりますよ。

 

 

>>介護転職サイトへ登録!こちらの人気のサイトへ!

 

 

介護福祉士らくらく合格勉強法

トップへ戻る