転職要注意ポイント

転職を失敗しないための要注意ポイントとは?

 

 

 

 

今現在働いている勤務先に不満を抱き始めたら、仕事場を代わる転職のことが脳裏をよぎりはじめます。不満を持っているとは言っても、永く勤めた慣れ親しんだ職場を退職して、新しい就職先を見つけ出すということは、心身共にエネルギーを使うもんです。

 

 

やっとの思いで転職を決意したのに、労働条件が前の職場より酷くなったり、勤め始めたのはいいけど、新しい職場の環境になじめなかったりすると困りますでしょ。

 

 

さらに、何回も転職を繰り返していると、その事実を履歴書に書かなければならないし、そうなると、何と言っても印象も悪くなってしまいますよね。

 

 

ここでは、そのような失敗をしない為に必要な、転職のコツ、職場選びのコツをお伝えする事にします!

 

 

考えていた転職と違う?そのギャップはどこから?

 

転職したけれど、面談の際の内容と違う…待遇や条件が聞いていたのより悪かった…

 

転職にはこのような事が付きまとうことが多々あります。
では、こんな理想と現実のギャップはどういう訳で引き起こされるのでしょうか?

 

こういったすれ違いは、転職の失敗につながるだけに深刻だと言えます。
こんな事態が起きないようにする為にはどのようにしたらよいのでしょうか?

 

 

面接時、求人側も求職側も、マイナスな事実を正直に口にしないが為に、こういったギャップが生じます。 求人側も人に来て働いてもらいたいから、マイナスな部分はできるだけ言いたくありません。片や、求職側も、採用してもらいたいことから自分のマイナスな部分は、積極的には言わないんです。結果として、相互の認識に隔たりを生じさせます。

 

こうならないための失敗しない職場選びのポイントをご紹介しましょう。

 

 

職場選定をミスしないために必要な重要ポイント

 

給与はいくらか?

初対面の席ではおいそれとは聞き辛いこともあるでしょうが、これがなによりも重要なポイントになります。とりわけ、昇給、賞与、諸手当は会社規定によるとは言えども、どのように決められているかはチェックしておきたいことですよね。

 

最初からなんだこいつは・・・と思われるかもしれませんが、遠慮や躊躇なく、聞いておくことが後々のためになります。納得するまで、しっかり確認しましょう。

 

お給料全体をみれば高いように感じても、基本給が低く、諸手当が多い状態だと退職金や失業給付金といったものに大きく影響してきます。ですから、お給料は基本給が高いのか?手当の分なのか?ここのところはよく確かめて、把握しておきましょう。

 

勤務体制もきちんとチェック!

勤務体制に関してはきちんとチェックしておきましょう!

 

夜勤はあるのか?利用者のお年寄りと介護する職員の人数の割合は?休日は月何日で、どのような流れで取れるのか?等々、これらの点は最初に正確に確かめておきたいところです。

 

介護施設は、365日24時間完全無休体制で成り立っていますから、勤める以上はどういった勤務方法が伴うかは確認することが欠かせません。あいまいなやり取りだけで転職して「こんなはずじゃなかった」とあとで後悔することの無いようにすることです。

 

夜勤か?宿直か?週休2日か?完全週休2日か?要チェックです。

 

 

職場の雰囲気を肌で感じてみよう!

次の施設への転職を決める前にその職場、働く現場の見学は行なうべきです。見学もできないような施設はお奨めできません。やめた方が賢明です。

 

もしも、できるのなら、1日体験をさせてもらうと職場の雰囲気、人間関係までよくわかります。

 

ちなみに、私がいた施設は、3日間お試し期間が設けられていましたよ。
体験勤務は実務者の本音も聞くことができます。

 

 

勤めている職員を大事に考えてくれる職場か?

資格取得をアシストするシステムがあるのか?実際に運用実施されているか?

 

有休は取得できるのか?取得しにくくないか?(面接のときに確認する)

 

職員同士勉強会もしくは懇親会は行われているか? (体験勤務の時に訊ねる)

 

働く人を大切に考える施設なら、そこで勤務している方たちの人間関係はわりかし良くて、それぞれ、やり甲斐を有して就労しています。
もしも逆なら・・・言うに及ばず、職場の環境は最悪になりがちです。

 

 

理想の職場に就職する為に必要な面談の注意点!

 

あなたにとって望んでいた通りの仕事場を探し出すことができたら、採用試験にチャレンジして、パスしなければいけません。そのための合格することができるヒントをレクチャーしましょう。

 

面接の時には、初めて会う面接担当者と対面していくわけですが、そこでは、どのようにしたら良いのか、よい印象を与えられるかを、順に説明していきます。

 

1.挨拶

月並みですが、挨拶で第一印象が決まります。それだけ挨拶は大事なことです。感じの良い態度で、気持ちよく、元気な挨拶をしましょう!

 

2.身だしなみ

普通は、面接時の注意事項として「面接時の服装は自由」と案内されると思います。ですが、常識の範囲、清潔感のある身だしなみは当然なことです。
もし可能なら、スーツで臨まれるのがいいと思います。ない場合でも、相手方に不快な感じを与えるような身なりで臨むのはNGです。

 

3.履歴書

履歴書はあなたの職歴の報告書にあたります。嘘偽りなく正確に書くことが大事
字の上手下手は関係ありません。要は、丁寧に読みやすく書くことです。慌てて書いたような文字は悪印象を与えることになります。

 

よく履歴書には写真を張らずに出される方がいますが写真は大切です。大型店などにはスピード写真が設置されています。これらを利用しましょう。間違っても、使いまわしたものやスナップ写真などは使はないように。

 

4.約束の時間は厳守する!

約束の時間を守れない人は、人間的に信頼を失うことが往々にしてあります。
約束の時間は守りましょう!

 

社会人として当たり前のことですが、なかなか守れない人が多いのも実情です。
遅刻しそうなら、事前にちゃんとした理由を添えて連絡を入れましょう。
当然ながら、無断欠席は問題外です!

 

 

以上、ここで述べたことは簡単な事ばかりです。
しかし、その簡単なことが守れない人も多くいるのが現状です。

 

ここで触れている点をしっかり押さえたうえで、あとは緊張はするでしょうが、いつもの自分を出すように心がけましょう。

 

面接官があなたをどんな人か見定めるように、あなたも面接官を通して感じた印象が、その職場の雰囲気を感じる手掛かりになるかもしれませんよ。しっかりとした態度で臨んでください。

 

 

まとめ

 

転職を成功する為に必要なポイントをご紹介してみました。ぜひとも、参考にしてくださいね。

 

「自分に適した職場を自分ひとりで見つけられそうにない」ということであれば、専任コンサルタントがいる転職サイトに登録するのも一案ですよ。きっと、おそらく、親身になってあなたの転職をサポートしてくれるはずですよ。

 

 

>>介護転職サイトへ登録!こちらの人気のサイトへ!

 

 

介護福祉士らくらく合格勉強法

トップへ戻る