介護福祉士ができる医療行為

介護福祉士ができる医療行為について

 

 

介護福祉士ができる医療行為

 

 

 

国家資格には2通りあります。業務独占と名称独占です。

 

介護福祉士国家資格は名称独占になります。名称独占の国家資格には、社会福祉士、保育士、栄養士などがあります。

 

片や、業務独占の国家資格は・・・医師、弁護士、看護師、税理士などで、こちらは、国家資格がなくては仕事をすることができません。

 

ではここでのテーマである、介護福祉士ができる医療行為・・・ですが、資格が違うのにどんな事なら許される行為になるんでしょうか?見ていくことにしましょう!

 

 

介護職員が行える医療行為

お年寄りの施設においては、体温測定、血圧の測定、服薬、軟膏塗布、座薬、等々の介助があります。これらは医療行為になるんでしょうか?今では介護職員が当たり前のように起こっている業務も、以前は医療行為にあたるため、介護士ではできなかったものもあったようです。

 

そこで、まず、介護職員が行える医療行為とはみなされない行為にはどんなものがあるのかから見ていきます。

 

・服薬介助(薬を飲んでいただく介助)
・軟膏塗布(床ずれの処置は除く)
・湿布を貼る
・目薬をさす
・坐薬を挿入する
・軽い切り傷や擦り傷の処置
・体温計での体温測定
・自動血圧測定器での血圧測定
・酸素濃度測定器の装着

 

さらに、法律的には医療行為なのに介護職の方が行える行為に、

 

・耳垢を取り除く
・爪切り、爪やすり
・歯ブラシ、綿棒による口腔ケア(歯・口腔粘膜・舌)
・ストーマのパウチに溜まった排泄物除去
・自己導尿補助、カテーテルの準備、体位保持
・市販の浣腸器による浣腸

 

などががあります。

 

 

介護福祉士が行える医療行為

 

医療行為に関しては専門知識が必要なためこちらのサイトから引用掲載させていただきます。

 

では、介護福祉士が行える医療行為にはどのようなものがあるのでしょうか。

平成28年度の介護福祉士国家試験より、実務経験ルートで受験される方の場合、実務経験3年以上という受験資格に加えて、実務者研修の修了が義務づけられています。

 

この実務者研修では、医療的スキルを学ぶことが出来るため、以下のような医療行為を行えるようになります。

 

・喀痰吸引(定期的に、痰を取り除く)
・経管栄養(体外から管を通して栄養や水分を投与する)

 

実務者研修ではこれらの医療的スキルを身につけることが出来るようになっています。これらは医療行為であるため、以前は施設内の看護師に依頼するしかなく、介護職としてはもどかしい思いをしたという方も多くおられます。

 

ただ、介護士の主な仕事は直接介護・介助になりますので、その点を忘れないようにしなくてはなりません。


 

 

 

介護福祉士らくらく合格勉強法

トップへ戻る