介護福祉士の義務規定

介護福祉士の義務規定について。

 

 

介護福祉士の義務規定

 

 

 

介護福祉士は、専門的知識や技術をもって、直接介護の専門職として最善の介護サービスを行う必要があります。

 

そのために倫理綱領なども定められており、介護福祉士として守るべき義務規定なるものもあります。見てみることにしましょう。

 

 

社会福祉士及び介護福祉士法より、義務規定の詳細

 

1.第44条の2 誠実義務

誠実義務というのは、利用者様や施設入居者様など担当している個人の尊厳を保持することを指します。加えて、自立した日常生活を営んでいけるように行うため、利用者様・入居者様の立場に立ち、誠実に業務を行うこととしているのです。

 

2.第45条 信用失墜行為の禁止

「介護福祉士」という立場なのだという事実を認識し、信用を損なうといった行為をしてはいけないとしています。

 

3.第46条 秘密保持義務

正当な理由なく、介護福祉士の業務で知り得た情報や秘密を露呈してはならない。
介護福祉士ではなくなった後も秘密保持義務は発生します。

 

4.第47条第2項 連携

職務にあたる場合は、認知症など心身の状態にふさわしい福祉サービスが行なわれるように努めることが大事です。その点から、福祉サービス関係者などと、連絡・連携を保ち維持していくこととしています。

 

5.第47条の2 資質向上の責務

介護福祉士の職務は、それらを取りまく実情の変化等に適応していくことが大切です。それを受けて、相談援助や介護においての知識・技術を向上させるべく精進することとしています。

 

6.第48条第2項 名称の使用制限

介護福祉士は名称独占の国家資格です。これに伴い、介護福祉士の国家資格を取得していない状態の方が、介護福祉士と名乗ることを禁止しています。

 

 

これらの義務規定が設けられている介護福祉士は、ハイレベルな介護技術と知識があるという事を認識し、日々勉強を積み重ねていく必要がある職種だと言えそうです。

 

国家資格を取得したからそれで終わりではなく、利用者様・入居者様に、より良いサービスを提供できるようにするためにも、介護福祉士は常に勉強し続けることが大切だと言えそうです。

 

 

介護福祉士らくらく合格勉強法

トップへ戻る