介護福祉士国家試験の難易度

介護福祉士国家試験の難易度

 

 

介護福祉士国家試験の難易度

 

 

介護の仕事をしてみたい方、家族のために介護を学びたい方

目指すは国家資格!“介護福祉士”

 

 

 

介護福祉士の国家試験の難易度って高いものなんでしょうか?

 

これからこの試験を受験しようと思っている方にとっては気になるところですよね。

 

この試験を受験する多くの方が現在仕事についていて、その合間を縫っての学習がほとんどだと思います。そうなると、あまりに難易度が高いと勉強が追い付かず、途中で挫折する方も出てくると思われます。

 

そこでここでは、介護福祉士の国家試験の難易度について触れてみます。

 

 

介護福祉士国家試験の合格率

 

介護福祉士国家試験の合格率は、平成20年で52.0%。ところが、平成22年には48.3%まで一旦下がりました。しかし、それ以降は60%以上の合格率というデータが出ているようです。この合格率で言うなら介護福祉士の国家試験はそこまで難易度は高くないと思われます。

 

現在の介護福祉士の国家試験は、筆記試験と実技試験で行われます。

 

が、合格ラインは、筆記試験と実技試験共に6割以上の得点が合格ラインと言われているんですが、特に筆記試験においては、11科目に加えて、総合問題が出題されます。これらのすべてに6割以上の得点が必要となります。実技試験も同様に6割以上の得点獲得が必須となっています。

 

先にも書いたように、この試験を受験される方の多くが仕事をお持ちの方と思われます。そんな中での受験は学習を進めていく点において難しい部分でもあると言えます。また、自分自身での独学学習は簡単ではないでしょう。それだけに合格した時の喜びは計り知れないものがあると思います。

 

介護福祉士合格を目指しての勉強法もいろいろあると思いますが、めげずに取り組み、見事に勝ち取ってほしいと考えます。

 

もしかしたらこの勉強法もあなたの役に立つかもしれませんよ…こちらです。

 

 

介護福祉士らくらく合格勉強法

トップへ戻る