介護福祉士の4つの特徴!

知っておきたい介護福祉士の4つの特徴!

 

 

介護福祉士の4つの特徴!

 

介護士の他の資格と比較してみると、介護福祉士には4つの大きな相違点が見られます。ほかの資格と突き合わせながら紹介していきましょう。

 

 

1.介護福祉士は社会福祉及び介護福祉士法」の基づく国家資格の一つです。

 

2.介護福祉士は、社会福祉士、精神保健福祉士と並んで、三福祉士の一つに数えられる、福祉系国家資格です。

 

3.国家試験を受験するには受験資格が必要で、誰でも受験できるわけでは無い

 

4.介護関係の仕事をしていこうと思う人は、是非、取りたい必須の資格です。

 

介護福祉士の4つの特徴、わかっていただけましたか?
誰もが思い付きで、研修さえ受ければ簡単に取れるといったタイプの資格では無いことを。

 

3つ目の特徴の国家試験受験の資格ですが、
「社会福祉及び介護福祉士法」で以下のように定められています。

実務経験ルートによる受験資格は、3年以上の実務経験と実務者研修になります。また、養成施設ルートでは、大学、専門学校などで必要とされるカリキュラムを修了していることが必要です。他に福祉系高校ルートというのもあります。

 

これからあなたが介護福祉士の資格を取得しようと思っているのなら、どのようなルートを選択するのがいいかよく検討されるといいと思います。

 

 

介護士が介護福祉士の資格を取得するメリット

 

介護福祉士は仕事場の現場介護に関しての最高位の資格とも言える資格で、介護現場で勤務する人の大半が、言わば、介護福祉士になることを目標にしているとも言われている資格です。

 

介護士と介護福祉士の仕事に大きな差はありませんでした。しかし、資格を持っているかどうかは、大きな違いになります。

 

では、ここで、介護福祉士の資格を持っているメリットについて見てみることにします。

 

 

就職の際の優位性

この世の中、想像以上のスピードで進んでいる日本の高齢化!その影響で介護業界は常時、人出不足状態が続いています。まさに売り手市場そのものです。そのため、特に資格を持っていなくても、就職できる現状にあります。無資格、未経験OK!といった求人もたくさんあります。

 

けれど、そのような状況であっても、介護福祉士の資格の保持者である人は、それ相応の専門性の高さのお陰で、ひっぱりだこです。
今や、介護の世界でも、クォリティー品質”が問われている時代です。

 

求人票の中にも「要資格」「資格者優遇」などの表記を見るでしょう。資格を持たない人には嫌な表記にしか見えないでしょうが、資格を持っている人にとっては就職活動を有利に進められるという事です。

 

 

資格の有無による賃金差

 

求人票の中には、「有資格者優遇」「資格手当あり」というものもあれば、「無資格でもOK」などと表記されているものもあります。

 

資格を持っているのといないのとでは、はっきりと賃金差が出てきます。「社会福祉、介護福祉士就労状況の調査」によると、およそ半分の介護士が資格手当を受けていると報告されています。その資格手当の平均は、月額で約8300円と推定されています。これが毎月に及ぶわけですからこの差は大きいですよね。バカになりませんよ資格手当は。。。

 

 

さらなるステップアップを目指して

 

介護福祉士の資格を取得できたらそれで満足ではありませんよ。
さらなる高みを目指しましょう!

 

その上には、どんな資格があるかと言えば、

 

認定・専門介護福祉士と介護支援専門員などです。

 

どんどんステップアップしていくと、専門性が増し、仕事のやりがいも、それに応じて責任もどんどん大きくなります。それこそ仕事の醍醐味ではないでしょうか。信頼度が大きな介護士になりますよ。

 

 

まとめ

 

介護士と介護福祉士が違う部分を記しました。業務内容は似通っているんですが、資格の有無でその差は歴然ですよね。何と言っても・・・国家資格・・・ですもんね。

 

あなたが、介護福祉士の資格を目指すなら、実際の職務経験3年以上と、介護実務者研修が不可欠です。ぜひとも、介護福祉士の資格が取得出来るように、プランを立て、準備に向かってみるといいですよ。きっと、あなただったら手にすることできますよ。

 

 

>>介護転職サイトへ登録!こちらの人気のサイトへ!

 

 

介護福祉士らくらく合格勉強法

トップへ戻る